新サービスのご案内

皆さま、こんにちは。

今年は、桜が雨で台無しにされることもなく、綺麗な姿を見ることが出来ましたねぇ。

私は、先日、二宮の夜桜ジャズに行ってまいりましたよ。

夜は冷えましたが、荒天だった昨年と比べると、はるかに好天!!

ライトアップされた満開の桜を満喫させていただきました。

こんな素敵なイベントを開催してくださった皆さまに感謝!です。

 

前回のメールで、さも後進に後を譲って、身を引くような雰囲気を醸し出しておきながら、またも出張ってまいりました田中です。

でしゃばりになっても、新年度から始めた新しいサービスをど~してもお伝えしたく、投稿させていただきます。

 

新サービス、まずは、

ジャン!

真岡図書館のデータベースサービスの一新!!

今年度から「下野新聞データベースplus日経テレコン」と百科事典「ジャパンナレッジ」がご利用いただけるようになりました。

特に、おすすめは地域の情報満載の「下野新聞データベースplus日経テレコン」です。

過去の記事を1日前の分から検索してご利用いただけます。

さらに、日本経済新聞のデータベースも閲覧できますよ。

そして、太っ腹な下野新聞社さま、データベース導入の特典として、

号外を送ってくださるのです。

”新元号「令和」”の号外も送っていただきました。

真岡市立図書館カウンター前の円柱に掲示してありますので、

ぜひ、ご来館ください。

 

つづいての新サービス、ジャン!!

真岡図書館と二宮図書館で「書籍消毒機」導入。

本を消毒してくれる機械です。

・・・、はっきり申し上げまして、見た目で劇的に変わる(きれいになる)わけではないのですが、中に本を入れて30秒で、本の消毒をしてくれるスグレモノです。

真岡図書館も二宮図書館も、入ってすぐ左側に設置されております。

ポンと置いてある黒いボックスは、かなり怪しげな佇まいではありますが、

ぜひ、ご活用ください!!

 

おまけで、最近の読書報告。

エドガー・アラン・ポー/著 『モルグ街の殺人』

世界初の推理小説(諸説あり?)と言われている超有名な作品ですが、

初めて読みました。

 

正直申し上げまして「え?これ??」

と、いうのが感想ですが、

ここから、現在は無限にあるようにすら思われてしまう推理小説の歴史が

始まったのだと思うと、発表された当時は衝撃的だったのだろうなぁ、

と思いました。

 

では、長々と失礼いたしました。

次回は、いよいよ別のスタッフが投稿しますよ(予定)。

お楽しみに!!!

新年度からは!

皆さま、こんにちは。

なんと!!もう3月も終わりです。

今年の4分の1が終わってしまいます。

こちらのブログもだいぶ投稿が滞ってしまいました。

恐るべし!年度末!!

・・・いえ、年度末のせいにしてはいけませんね。私の先送りする悪い癖をブログ投稿でも発揮してしまいました。反省・・・。

この反省を活かして、来年度はこまめに投稿を!!と言いたいところですが、

人事異動で去ったぺん吉くんの後を継いで(継ぐまでに半年間放置してしまいましたが)、半年ほどブログを一人で担当してきてしまいました。言い換えれば、独り占めしていたわけです。

これはいけません!!そして、皆さまも、そろそろこの文章に飽きてこられたのではないだろうか??などと、もろもろ反省いたしましたので、

来年度(と言っても明日からですが)からは、図書館スタッフ全員が、交代でブログの更新をすることにいたしました。内容はイベント案内や、図書館の紹介、おすすめ本の紹介など、ほぼなんでもOK!とさせていただく予定です。

楽しみにしていてくださいね!!

ちなみに、この半年間の投稿は田中が担当いたしました。

今後もちょこちょこ(・・・たまに)投稿するつもりでおりますので、よろしくお願いいたします。では!!!

雑記

皆さま、こんにちは。

少しずつ(急に?)暖かくなってきて、もうすぐ春がやってくるのを感じられて

うれしい今日この頃です。

しか~し、とある事情によりなかなか寝つくことができない毎日・・・。

おかげで、読書が進みます。

ですので、最近読んだ本について書かせていただきますよ。

まずは、ジャン!!

モーム/著 『月と六ペンス』

この作品のモデルは、画家ゴーギャンであると聞いていました。

読んでみて、

実際にこんなに周囲の人びとを傷つけても、ブレずに生きていける人

なんているんだろうか・・・と思ったのが、最初の感想でした。

しかし、あとがきを読んで、モデルにしているのは、ほぼ経歴のみで、

実際は、周囲の人々の愛情を求めて生きた人であったようだ、と知り、ほっとしました。

今度は、ゴーギャンの画集などを借りて、じっくり見てみようと思います。

もう1冊、読書報告しようと思った本があったのですが、

時間がなくなってしまいましたので、また後日機会がありましたら。

図書館ネタじゃなくて失礼いたしました・・・。

では、また。

 

 

展示コーナーのご案内

こんにちは。

明日は降雪のおそれが・・・、と騒いでおりますねぇ。

おうちのなかでのんびりできる状況の方は、しんしんと雪が降り積もる中、あたたかいお部屋で読書を楽しむ!なんてできたらいいでしょうねぇ。

そういえば、ちょっとずつ読み進めた『怒りの葡萄』読み終えました。トラクターの登場で仕事を奪われて・・・、という出だしは、AIに仕事を奪われるのでは?という現在にも置き換えられそうな内容でした。なんだか、いろんなことが盛り込んであって、文学者の方々がいろいろ解釈したりしている作品のようです。

と、突然読書報告をしてしまいましたが、雪が降っていても図書館行くわよ!という皆さま(もちろん降り止んで落ち着いてから来館くださる皆さまも)、ただいま真岡市立図書館では、玄関入ってすぐ左手の丸テーブルにて、特別展示をしております。

その名は、

ジャン!!!

『福祉資料展示コーナー』です。

耳で本を”読める”『録音図書』や

点字に訳した『点訳図書』を展示しています。

ぜひ、ご覧ください。

では!

もし降雪の中来館される場合は、真岡図書館の駐車場から玄関までは特に滑りやすいので、くれぐれもご注意くださいね。

 

二宮図書館の”推し”コーナーをご紹介します!

こんにちは!

1月も今日が最終日。今年も12分の1が終わってしまいました。

春~秋と比較すると、図書館業務は落ち着いているにも関わらず、

ブログ更新を怠って(忘れて)いました。失礼いたしました。

本日は、真岡図書館にはなくて、二宮図書館にだけあるコーナーをご紹介いたします。

その名は、

ジャン!!

「親鸞・尊徳コーナー」です。

その名のとおり!読んで字のごとく!!

親鸞と二宮尊徳に関する本を集めているコーナーです。

お二方とも、主に二宮地区で活躍され、その史料や史跡も

二宮地区に多くあるため、二宮図書館にコーナを設置しています。

真岡図書館に、親鸞や尊徳の資料を探しに来られて、少なくてがっかりした、

という経験のある方、または、親鸞や尊徳のことを知りたい!という方、

ぜひ二宮図書館にお越しください。

他の本たちも、きれいな本が多いですよ(・・・少し苦笑い・・・)

!今、思いつきましたが、親鸞・尊徳コーナー、たま~に真岡図書館に

出張してきてもよいかもしれませんね。

とりあえず?は、二宮図書館でお待ちしております!!!